自己解釈で深く掘り下げたいだけ

好きなもの、ハマっているものについて深く掘り下げていきます

「おそ松さん」扶養保留組について語りたいだけ

 
f:id:yuruyuru00:20160324141340j:image
 
今回はファンの皆さんから生まれた二次創作ネタの中で、私が最も大好きなものについて語りたいと思います。
 

扶養保留組

f:id:yuruyuru00:20160324141221j:image
扶養保留組とは

おそ松さん第4話「自立しよう」において、母親による扶養面接で保留となった、

次男 カラ松、三男 チョロ松、五男 十四松
の3名を指す、
ファンによって作られた用語です。
f:id:yuruyuru00:20160324141227j:image
(※Googleの画像検索より使用しました)
 
アニメを見た時には、カラと十四と暮らすのは意思疎通困難になりそうだし、2人とも生活力無さそうという印象を受けました。
なので、一般常識を持つ(六つ子の中では)まともなチョロが「俺この2人と暮らすの絶対無理〜!」と焦ったのも無理ないな、と(笑)
 
ですが、pixivにて、
「自立しなければいけなくなった扶養保留組が、3人でアパートを借りて力を合わせて暮らしていく」
…という素敵な二次創作を知り、私がかつて抱いた不安を蹴散らし、
案外いけそうじゃないか?いや、むしろ良い、てか可愛い、とにかく最高の組み合わせじゃないの〜!?
と180度意見を変えるに至ったのでした。
 

カラ、チョロ、十四

この3人、とにかく性格的にバランスが良さそうなんです。
 
f:id:yuruyuru00:20160324141239j:image
カラ松は厨二病はイタイですが基本的に優しい男。気遣いもあるし、素直で物言いも物腰も穏やか。暴力的なことをしないぐう聖。
(パチンコ遅れそうなのに十四松に穏やかに「早くしろ〜」と言う程度。また、約束守れない十四松に忍耐強く注意する。おでんに納得いかないチビ太を心配してそっと見守る。)
他人のことを何でも受け入れ、許してくれそうです。かまってちゃんではなく、彼自身、自分の時間を大切にしていそうだし、他人のそういう気持ちも尊重してくれるはず。一緒に暮らして口うるさく言われないのって、けっこう大事です。彼は家をリラックスできる空間にしてくれることでしょう。
働かなそうではありますが、自分のできること=家事を、愛する兄弟のために一生懸命やってくれそうなところもポイント高いです。
 
f:id:yuruyuru00:20160324141246j:image
チョロ松は皆んなの総監督。口うるさい所もありますが、彼なら面倒見も良いので、考えなしで、生活やお財布がフワッとしそうなカラ松と十四松のまとめ役になれそうです。
すぐに手を出す癖も、力自慢の兄と類い稀なる身体能力を持つ弟の前では為すすべもないためそれ以上の喧嘩にはならないでしょう。
そして自立する上で最も重要な、お金を稼ぐこと。これは前々から就職したい意識は持っているチョロ松にお任せです。いざとなったらきっと、何でもいいから仕事を決めてきて頑張ってくれるんじゃないでしょうか。
一人前になりたいという願望もあるので、前向きに積極的に自立生活に立ち向かってもくれそうです。
 
f:id:yuruyuru00:20160324141252j:image
十四松は家事も就職もイマイチな気はしますが、その天使のような純粋おバカな性格で家を明るくしてくれることでしょう。家庭の雰囲気って毎日そこで暮らすのですから重要です。
野球ばっかりやってるかもしれませんが、家事は自分にできる範囲で素直に頑張ってくれそうです。
色々自由にやらかしそうではあるけれど、十四松なら許せそうだし。
兄弟想いというのもポイント高いです。
(「エスパーニャンコ」での一松への対応。「ダヨーン族」で消えた兄弟を探そうとし、トッティの悪魔の囁きにも乗らなかった。)
それにもしかしたら、「恋する十四松」の時に見せたまともな姿、自分たちだけで自立しなければならなくなった時には、またあの姿になるかもしれないですし。
 
 
それぞれで考えてみるとこんな感じと思いますが、
次に3人の相性から考えてみます。
 
兄弟の中で最も自立しなければとの想いが強いチョロ松が先頭に立ってリーダーとして舵を取り、
補助タイプで兄弟想いのカラ松と十四松が一生懸命協力するでしょう。
ですが理想の高いチョロが、しっかりしてるが故にちゃんとしなきゃと意気込み疲れ果てた時には、ゆったりどーんと構えて心を楽にしてくれそうな兄と弟。
また、色々こだわりが強そうなチョロを、2人がでかい懐で包み込み受け入れてくれる気がします。
また、優しいけど感覚だけで生きてて生活力なさそうなカラと十四を、現実的でシビアなチョロが守ってあげるでしょう。
 
 
…なんて優しい世界が広がっているのでしょうか、、、
f:id:yuruyuru00:20160324141515j:image
(※Googleの画像検索より使用しました)
 
常識的で口うるさいリーダーやりたいタイプのチョロにとって、協調性の高い穏便で平和的なカラ、物事深く考えない明るくおバカな十四松は、自分の目指す世界を受け入れてくれ、癒しをくれるメンバーではないでしょうか。
そしてカラと十四松にとっても、引っ張ってくれる稼ぎ頭のチョロは頼もしいと思われます。
 
とゆうことで、私にとって扶養保留組は、
数ある六つ子グループの中でも最高の組み合わせになっているのでした。
 
最後に
pixivより、扶養保留組の素敵な作品をご紹介して終わります。
 

pixivより保留組漫画おすすめ

「4話から妄想 三男と次男と五男」
f:id:yuruyuru00:20160324143824j:image
 
「保留組ログ①」
f:id:yuruyuru00:20160324160455j:image
 
「結局集まる六つ子」
※画像なし
 
「イェーイ保留組イェーイ」
f:id:yuruyuru00:20160324155701j:image
 
おそ松さん まとめ⑦」
f:id:yuruyuru00:20160324160055j:image
 
「保留組漫画」
f:id:yuruyuru00:20160324154714j:image
 
f:id:yuruyuru00:20160324161823j:image
 
公式アニメだと、こんなほのぼの平和ではなく、もっと恐ろしい生活っぷりに描かれそうですが(特に十四松が)、私はこういう感じが好きです。
保留組マンガ、癒されますね〜( ´▽`)